専業主婦と働く主婦のキャッシングを比較。

最近では、主婦でもキャッシングやカードローンの借り入れが比較的しやすくなっております。
しかし、主婦といっても2種類あります。
専業主婦と仕事を持っている主婦です。
この2種類の主婦を比較して、カードローンやキャッシングというのはどのような使い勝手なのでしょうか。
まずは、申込に関してです。
申し込みに関して、専業主婦の場合には働いている主婦と比較して、カードローンやキャッシングの申し込みを受け付けているところが少なくなっております。
最近ではそれは徐々に改善されているとはいえ、まだまだ道半ばといったところ。
次に書類に関してです。
働いている主婦が申込みをすると、本人確認書類以外は特に提出すべき書類というのはありません。
それと比較して、専業主婦がカードローンやキャッシングの申込みをする際には、配偶者の同意書のほかに、配偶者の所得を証明する書類がなければなりません。
それは、いくら借りたいとしても同じことなのです。

主婦の申込と審査を比較

次に、限度額についてです。
限度額に関しては、専業主婦の場合には配偶者の年収の3分の1ということになります。
ですので、配偶者の収入が600万円であるならば、専業主婦は200万円まで借りられるということになります。
一方、働いている主婦の場合には、専業主婦と比較してカードローンやキャッシングの選択肢が多くなっております。
まずは、主婦単独で申し込む場合。
これは、主婦の収入の3分の1が限度額となります。
例えば、主婦の年収が300万円であれば、100万円まで借りられるということに。
そしてもう1つは、配偶者との合算です。
婚姻関係にある夫婦の場合、その両者の収入を合算して、それをみなし年収とすることができます。
主婦の年収300万円、配偶者の年収600万円とすると、その合計である900万円が合計年収となり、限度額はその3分の1である300万円となります。
ただしこの場合、配偶者の同意書が必要になるのは言うまでもありません。
ちなみに、離婚をした場合には限度額の見直しも行われます。