素人でもわかるようにキャッシングを説明

キャッシングでいざという時に助かったという経験を持つ人もいれば、利用したこともないしよくわからないという人もいます。
簡単に説明すると、キャッシングの申込みをして審査さえ通れば、いつでも限度額までお金を引き出せるカードが手に入ります。
担保や保証人は不要ですが、最低限安定した収入があることが申込み条件です。

午後2時位までに条件を満たせばすぐに融資を得ることも可能ですし、そうでなくても翌日午前中には入金可能な位、対応は早いです。

利息は年利に対する日割り計算で、消費者金融の場合は18%位が相場です。
対して銀行の場合には、程度に差はあれど、それよりも低い金利で貸し出しを行っていますが、その分審査が厳しくなります。

月々の返済を遅らせてしまうと、新たな借り入れはもちろん、クレジットカードなどの審査にも通らなくなることもあります。
逆にきちんと返済を続けていると、優良顧客とみなされ、利用できる限度額が増えることがあります。

キャッシングってなに?

キャッシングを利用するということはお金を借りることと同じなので、返済は必ずあります。
無計画に申込みを続けていると、返済で首が回らなくなるという可能性があるので、お金の管理がしっかりできることを前提に利用しなければいけません。
リスクのないキャッシングというのは厳密には存在しないのです。

ではどんな時に利用するのかというと、いざという時や、ちょっとお金に困った時などに便利です。
急なトラブルや冠婚葬祭でお金が必要な時や、欲しいものがあるけど給料日前でお金が足りない時などがそれにあたります。
急な出費でも申込みからお金が入るまでがスピーディなため、場合によっては知人に借りるよりも早いくらいです。
月々の返済も、借入額が少なければそれ程でもありません。

例えば金利18%で10万円のキャッシングを申し込んだ場合の、一年間の金利は18000円、月に換算すると1500円です。
多額の借入れや、頻繁な追加融資さえしなければ、リスクもそれ程高くないのです。