キャッシングの審査は主に2つあります。

キャッシングの審査には主に2つありますが、どちらも通過しなければならないです。その1つが個人スキルの審査です。
個人スキルとはどういうものかというと年収、勤務年数、今の借金額などです。特に大事なのが年収になってきて、金融業者によってきちんと審査が通過できるラインが決められています。年収が少ないですと通りにくくなりますし、多いですと通りやすくなります。
もちろん年収が一番重要とはいっても、勤務年数や借金額なども影響します。年収が高くても勤務年数が半年以内では落ちる可能性もあります。もちろん借金額が多いと厳しくなるのです。つまりキャッシングの個人スキルは総合的に判断されることになります。
どれくらいが通過できるラインなのかは各業者によって差がありますが、月10万以上の収入は必要になってくるのです。正社員の方が安定感がありますので通過できる可能性は高まりますが、アルバイトや派遣でも通過する可能性はあるのです。

1つ目の審査が個人スキル

キャッシングの審査では個人スキルの他にもう1つあります。それが信用情報開示による調査です。各金融業者には開示できるようにパソコンが設置されています。パソコンであたなの信用情報を開示して不備がないのかを確認します。
信用情報には過去の返済履歴、今の借金について、自己破産や債務整理などをしているのかまで細かく把握する事ができます。
これで自己破産なり、延滞歴があったりすればマイナスポイントになります。このマイナスポイントがあると程度によってはいくら個人スキルが良くても落ちてしまう事になります。また、過去の延滞歴や自己破産情報、債務整理情報などはずっと載っているわけでなくて決められた期間が過ぎれば削除されます。
また、自分の信用情報は自分で開示する事ができますので、キャッシング審査の前に一度開示しておくと通過できるかある程度分かります。
このようにキャッシングは個人スキルだけでなくて、信用情報調査も通過しなければいけないのです。