カードローンとキャッシングの違いについて

カードローンとキャッシングという言葉があります。
違いに関して言えば「分割返済ができるものがカードローン」であり「一括返済をするのがキャッシング」と言われています。
ただし、これは一昔前の物であり、今の時代にそのような定義は無意味となりました。

少し前にグレーゾーン金利が問題になったことがありました。
これは消費者金融側が完全に悪いとは言い切れない問題ですが「二つあった金利の法律」の内で「高い方の法定金利を取っていた」ことが問題となった話です。
今は法律が変わりましたから金利が2重になっていることはありませんが、そのせいで多くの人がキャッシングに対して、消費者金融に対して不信感を持ちました。

実際に倒産した会社もあります。
それくらいキャッシングというイメージは「法外な金利を取っている」と思われてしまいました。
ですから、貸金業者としてもこれ以上のイメージ悪化を恐れて「カードローン」と呼ばれるキャッシングサービスを行うようになりました。

キャッシングがもつイメージの払しょく

銀行系がカードローン、消費者金融系がキャッシングというイメージもあります。
ただし、これも正確とは言えません。
実際に銀行グループに参加している消費者金融はたくさんあります。
グレーゾーン金利の問題で消費者金融側もイメージ回復と経営の安定化を狙って銀行グループに参加したのです。

こうすれば銀行のイメージを後ろ盾にキャッシングサービスを展開できますし、銀行側にとっても金利収入が見込める貸金業は魅力的でした。
複雑そうに見えて単純な仕組みで今の時代は銀行グループに入っている消費者金融が増えました。

金利のイメージも払しょくできて、経営は一時期よりも安定しています。
カードローンは銀行が昔から行っているサービスですから銀行のイメージが強いのかもしれません。
金利自体はさほど変わりませんがカードローンの方が比較的高額を借りることが出来ます。
高額借りられるとなると金利は下がりますから低金利でお金が借りられるイメージがあるのもカードローンの特徴です。